クリストファー・プリースト

「拒絶」 クリストファー・プリースト

サンリオSF文庫『アンティシペイション』は持っているのでプリースト<夢幻諸島>ものの「拒絶」読んだ。 とある島を訪れた作家。ファンだという若い警官。打ち解け、深い理解のあることを知った作家はあることを思いつく。 これは素晴らしいですね。<夢幻諸…

『夢幻諸島から』 クリストファー・プリースト

夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)著者 : クリストファー・プリースト早川書房発売日 : 2013-08-09ブクログでレビューを見る» プリーストの作品は訳者に恵まれ、多いとはいえないものの定期的に邦訳が出て、しかも傑作ばかりとあって、今回もいやが…

『限りなき夏』 クリストファー・プリースト

さて遅ればせながら読了。収録中8編中、4編が単発もので4編が<夢幻群島(ドリーム・アーキペラゴ)>シリーズということでやや変則的な短編集といった面はあるが、全体としては様々なジャンルの要素を内包しプリーストらしさがよく出た傑作が並んでいるので、…

『限りなき夏』瀬名秀明評

鎌倉は一日中霧の中でした。 まだ読み途中の『限りなき夏』だが、朝日新聞に瀬名秀明の評が載っていてなかなか面白い(追記 asahi.comで読めます)。基本的に高評価の一方で長編への点数が辛いのはファンとしてはちょっと残念だが、長編と短編でのテイストの違…

大活躍

クリストファー・プリースト『限りなき夏』、ジェフ・ライマン『エア』ほぼ同時に出たんですねえ。 古沢嘉通先生大活躍月間ですね。 『双生児』解説問題についてはまた後日。

プリーストの「戦争読書録」

SFマガジン4月号のプリーストのエッセイを読んだ。 これは全くの『双生児』ファン(マニア?)向けサーヴィスだな。備忘録に近い、ネタ本の羅列でかなーり渋い内容だ。まあヘスのネタへの道がうかがえる様な部分もあったりして楽しめる部分もあるけど、やは…

第4位!第5位!

週刊文春のミステリーベスト10で、当ブログ一押しの『双生児』が第4位に入ったよ! もちろん他のミステリーをほとんど読んでいない当ブログがプッシュしても、あまり意味はないのだが・・・。 本の雑誌の鏡明SFベスト10では第5位でした。ちなみに副題は「…

映画‘プレステージ’

観てきた♪ 今年はオールディス原作映画とプリースト原作映画を観ることが出来たんだな(しみじみ)。 こちらの方の原作はご存知『奇術師』↓。プリーストはテキストの特質を思い切り使う作風なので、映画化しても最初から原作とは違うものにならざるを得ない運…

『双生児』 クリストファー・プリースト

ここのところのプリーストの翻訳作品は傑作ばかりだが、これは文句なく年間ベスト候補だろう。個人的には『 奇術師』を超えた(本作の方がまとまりが良いと思う)。 舞台は1999年3月からはじまる。戦争体験記を中心としたノンフィクション作家スチュアート・グ…